2013年8月17日土曜日

日伯交流と大衆文化の生き証人 カフエーパウリスタ!

第一回移民船笠戸丸でブラジル移住を実現させた皇国殖民合資会社の水野龍がブラジル政府からコーヒーの無償提供を受けカフエーパウリスタを開業しました。全国展開したカフエーパウリスタですが、実は一号店は明治44年に開業した箕面店で、その建物は豊中市に移築され豊中クラブ自治会館として大切に使われてきました。
ところが9月いっぱいで建替えのために解体されることが決定しました。
せめて現存する日本最古のカフェー、豊中クラブ自治会館の様子を映像にとどめておこうと、3分ほどのビデオにまとめてみました。当時の面影が偲ばれます!!!


カフェーパウリスタ from akane on Vimeo.

0 件のコメント:

コメントを投稿