2013年5月11日土曜日

箕面市中央生涯学習センター 春の講座で上映会!

【知るみのお・伝えるみのお】
6月25日は箕面のコーヒー記念日~おいしいコーヒーから箕面もみえる~
映像で知る「ブラジル移民」

第一回移民船笠戸丸が神戸港からブラジルへ出港したのは1908年。
その時781名の移住者たちを引率したのは、皇国植民株式会社の水野龍でした。
水野龍は翌年サンパウロ州政府からコーヒー豆の無償提供を受けます。
そして、合資会社カフェーパウリスタを設立し、日本にコーヒーを普及させたのでした。

そのカフェーパウリスタの第一号店が実は箕面にありました。どうもアンテナショップのような存在だったようで、翌年には閉店したので意外と知られていません。
6月25日はその箕面店の開店記念日にあたるのです。

そこで、箕面市中央生涯学習センターの春の講座では、6月25日を箕面のコーヒー記念日とし、ブラジル移住とコーヒーについて考えてみようということになりました。

講座は全2回で、第1回目の6月18日には神戸移住センターの建築ドキュメンタリー「飛翔」を上映させていただきます。6月18日は笠戸丸がブラジルに到着した日で、ブラジルの「日本人移民の日」にあたります。また今回の講座のために、高知のコレクターの方のご好意でカフェーパウリスタ関係の資料を特別にお借りできました。関西の方々には、本邦初公開になると思います。

翌週の6月25日には、講義の後に日本最古のカフェーパウリスタ箕面店、現豊中クラブ自治会館内でコーヒーをいただきます。この日本最古のカフェーパウリスタは、老朽化のため近々建替えられる予定です。
この建物の記憶を語り継ぐためにも、春のひととき、ブラジル移住とコーヒーについて思いを馳せてみませんか?

日  時 2013年6月18日(火)14:00〜16:00
     6月25日(火)13:00〜16:00
場  所 箕面市中央生涯学習センター 2階 講義室
     箕面市箕面5-11-23
     阪急電鉄「箕面」駅下車南東徒歩7
     (6月25日は箕面文化・交流センター地下1階多目的室から
     豊中クラブ自治会館へ移動)
定  員 30名
受  講  料 400円(全2回)
申込方法 往復はがきに以下の内容を書いて、下記の宛先までお送りください。
     (1)【知るみのお・伝えるみのお】
     6月25日は箕面のコーヒー記念日
     ~おいしいコーヒーから箕面もみえる~
     (2)住所(3)氏名(ふりがな)(4)年齢(5)電話番号を記入
     宛先:562-0001 箕面市箕面5-11-23
     箕面市中央生涯学習センター宛
申込締切 5月31日(金)

問  合  先 箕面市中央生涯学習センター TEL:072-721-4094

箕面市HPはこちら
申込方法はこちら


豊中クラブ自治会館(旧カフエーパウリスタ箕面店)外観

豊中クラブ自治会館(旧カフエーパウリスタ箕面店)入口

豊中クラブ自治会館(旧カフエーパウリスタ箕面店)1階のアーチ窓 

豊中クラブ自治会館(旧カフエーパウリスタ箕面店)1階内部 

豊中クラブ自治会館(旧カフエーパウリスタ箕面店)1階廊下 

豊中クラブ自治会館(旧カフエーパウリスタ箕面店)2

豊中クラブ自治会館(旧カフエーパウリスタ箕面店)2階階段手すり

豊中クラブ自治会館(旧カフエーパウリスタ箕面店)2

豊中クラブ自治会館(旧カフエーパウリスタ箕面店)2

豊中クラブ自治会館(旧カフエーパウリスタ箕面店)2階天井

大阪朝日新聞 明治44年6月24日

明治44年のカフェーパウリスタ箕面店(箕面市行政史料(個人寄託))

《上映作品紹介》

関西の歴史建築 vol.4 旧神戸移住センター「飛 翔」

(2011/36min/HD)
構成・若林あかね
撮影:荒木克己 池田俊己 吉本憲正 細川雅浩 若林あかね
録音:岩田修一
ナレーション:竹房敦司

監修:財団法人日伯協会 黒田公男
ジャケット写真:
大場典子

企画・製作:若林あかね
出演協力財団法人日伯協会理事  黒田公男
     元神戸移住斡旋所教養課勤務 北島隆雄
     元神戸移住斡旋所ボイラーマン 南正幸
     元海外移住事業団勤務 藤原史生
     短期高等海員養成所 第一期卒業生 小山田博
     コチア青年連絡協議会第22代会長 高橋一水