2012年3月21日水曜日

旧大阪市立精華小学校ビデオ上映会のお知らせ

日 時 2012414日(土)14001600
会 場 シアトリカル應典院     地図を表示
    大阪市天王寺区下寺町1-1-27 TEL 06-6771-7641
参加費 無料(申込不要・当日先着順・定員120 名)
主 催 関西の歴史建築ドキュメンタリー上映委員会
共 催 應典院
協 賛 日本建築学会近畿支部
協 力 精華小校舎愛好会
問合先 mailakanemimi@gmail.com  FAX06-6361-7257

《プログラム》
第一部 ビデオ上映
関西の歴史建築 vol.5 旧大阪市立精華小学校  増田清の贈り物 

第二部 座談会
「愛日VS集英VS精華 大大阪時代に建てられた小学校の想い出」
大大阪時代に建てられた小学校の卒業生の方々にご登壇いただき想い出を語っていただきます。

丸山 悦治(愛日小学校卒業生)
別所 俊顕(集英小学校卒業生)
野杁 育郎(精華小学校卒業生)


《作品紹介》
関西の歴史建築 vol.5 旧大阪市立精華小学校 増田清の贈り物 
(2012/40min/HD)

1929(昭和4)年に、市民の寄付金により建てられた旧大阪市立精華小学校は、戦前の豪華な学校建築を今に伝える貴重な建物です。その設計者である増田清(明治21年〜昭和52年)は、「増田清なしには大阪の鉄筋コンクリート建築は語れない」といわれるほど、近代化の初期におけるコンクリート建築に貢献した建築家ですが、その存在はあまり知られていません。
そこで、精華小学校がどういう学校だったのか、ミナミの街でどんな存在だったのかを卒業生のインタビュー(6名)を中心に紹介します。また、大阪市内に現存する増田作品・三木楽器本店ビル(平成9年国の登録有形文化財指定)、通天閣の近くの映画館・新世界国際劇場、浄土真宗本願寺派 京都教区教務所の顕道会館、さらには、原爆に耐えた広島市内の建物など、現存する他の増田作品からも増田清の精神を学ぶことのできる内容としました。この作品を通して、増田清の贈りものをわたしたちは未来にどうつなぐべきかについて考えていただければ幸いです。

構成・若林あかね
撮影:細川雅浩 佐藤充 若林あかね
録音:岩田修一
ナレーション:竹房敦司
企画・製作:若林あかね
出演協力:文筆家 阿川佐和子
     大阪歴史博物館学芸員 酒井一光
     株式会社スポーツタカハシ 代表取締役社長  高橋勝彦
     作曲家  田中公平
     トキワカメラ 会長  手島龍太郎
     株式会社せのや 代表取締役社長  野杁育郎
     宮本会計事務所 税理士  宮本雅充
     STUDIO WAKEDA  分田よしこ

パネル展示
会 期 201248日(日)〜4月14日(土)10001700
会 場 應典院 2階展示スペース
内 容 建築家増田清の活動や大大阪時代に建てられた小学校の図面展示
    旧大阪市立精華小学校の模型展示

旧大阪市立精華小学校
旧大阪市立精華小学校
三木楽器本店ビル
三木楽器本店ビル
顕道会館
顕道会館
広島市平和記念公園レストハウス
本川小学校平和記念館