2011年12月22日木曜日

なんと、湊川隧道で上映会です!

先日、まち歩きで訪れた湊川隧道内で上映会をさせていただくことになりました。
湊川隧道は、明治34年竣工の河川トンネルで今年で110歳を迎えます。このような近代土木遺産内で上映会を開かせていただけるとは夢にも思っていなかったのですが、湊川隧道保存友の会で、月に一度市民に解放していることがわかり(主にコンサートを開催)、初の上映会を実施させていただくことになりました。
湊川隧道保存友の会 

ただ、再来年の春までスケジュールがつまっているため、実施日は再来年平成25年の7月になります。上映作品は、神戸山の手の建築遺産旧神戸移住センター『飛翔』と海の手の産業遺産『旧神戸生糸検査所』の2本立てを考えています。
まだまだ先のことですが、幻想的な空間での上映会はきっとステキな体験になると思います!!!乞うご期待!!!


2011年12月8日木曜日

京都大学吉田寮

関西の歴史建築シリーズvol.6は、なんと京都大学吉田寮を予定しています。
吉田寮は築98年を迎える日本最古の学生寮です。来年築100周年を迎えるにあたり、今年9月には「ほぼ百祭」が開催されました。そのイベントの中から9月24日に行われた関西大学環境都市工学部西澤教授による講演会の様子を作品公開に先立ち紹介させていただきます。






Historical Architecture を守ることは、歴史を伝えること。未来の子どもたちに吉田寮の歴史を伝えていきたいですね!