2010年10月14日木曜日

「旧神戸生糸検査所」上映会無事終了!


10月11日は、三連休の最終日にもかかわらず45名のご参加をいただき、盛況の内に上映会イベントを終えることができました。

念願だった撮影場所での上映会が上映会歴4回にしてはじめて実現。

上映会後の座談会では、この映像をつくるきっかけを与えてくれた港まち神戸を愛する会の中尾嘉孝氏、産業遺産でもある生糸検査機器の撮影をお手伝いいただいた大阪教育大学の垣本徹氏、昨年の3月までここで生糸検査を行っていた元農林水産消費安全センター 神戸センター 規格検査部 主任調査官の宮垣貴美代氏の3名をお迎えし、建物に対する想い出や映像の活用について語り合いました。

会場には新館の設計者置塩章氏のお孫さんの置塩進氏もBlogを見て東京から駆けつけてくださり、お話を伺うことができました。

次回作として旧神戸移住センターを構想中で、これも置塩章氏の設計。ご縁て不思議ですね。

受付けにお花をいただきました
客席中央が置塩進氏
読売新聞に記事が掲載されました

4 件のコメント:

  1. こんにちは!
    上映会・見学会・交流会と盛りだくさんで楽しませていただきました。

    旧神戸生糸検査所の建物のすばらしさ、そこで行われていた生糸検査に関する歴史など色々な発見がありました。

    またこの場所で上映されることを願っております。

    返信削除
  2. 司会お疲れ様でした。

    分田さんの司会は安定しているので、とてもやりやすかったですわー!

    返信削除
  3. 上映会お疲れ様でした。
    撮影のために何度も足を運んだところでの上映会なので心に残ります。
    置塩建築設計事務所のお孫さんも来られましたね。
    多くの方と知り合うことができ、また助けていただいて交流が広がりました。

    次、頑張ってね!

    返信削除
  4. 置塩進さん、おじい様に似てらっしゃいましたね。

    中島さんも中島組の研究頑張ってくださいませ!

    返信削除